絵日記
ねこず 猫の病気
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
癲癇様症状
レナの気性についてはこのブログでも書いているのですが
普段でも爪切りなんて出来ません。
レナが小さい頃、夫と二人掛かりで薬を飲ませようとした際
夫のシャツは切り裂かれ傷を負いました。
私はレナの後ろ足キックに吹っ飛ばされました(笑)

てんかんの発作でも全身が痙攣するような犬猫の場合は
ぐったりしているので座薬を入れるのはそんなに難しく
ないらしいのですが、レナの場合、一部的な発作なので
半分くらいは意識があり、昨日も
「何私のお尻触ってんのよー!」とばかりに怒りまくり
エリザベスをつけた上からタオルで顔を多い、
助手さんふたりと先生の三人掛かりで、座薬を入れてた貰った次第です。

もし次回レナに発作が起きた時に私一人だった場合
座薬の投入は・・・・不可能ですー。
病院がやっている時間ならば駆け込むしかありません。


昨日は午後10時過ぎくらいになって薬の効果が出てくるまで
傾いてヨタヨタのからだであちこち歩き回り
疲れるとその場にへたり込んでいました。
獣医さんの話によると、自分の意識とは関係なく
脳が勝手に活発に動いてしまっている状態だそうです。
半分は自分でもなにしているかわからないとか・・。
病院でも私の背中によじ上ったり・・。ガッチュじゃない限り
こんなこと普段しませんもん。

でもね、へたったところで頭をなでてやり、なんとか寝かせようと
したのですが、外から夫の自転車の音がした途端
ヨタヨタと玄関まで夫を出迎えに行くのです。
・・・これにはもう涙でちゃいました。

今朝はもう、階段おりるのがちょっとしんどいかな程度まで
普通に歩けるようになりました。
一応、飲み薬の抗てんかん薬も飲ませました。


一度発作が出てからそれ以降はなんの異常もなく過ごしている
猫も多いそうなので、なんとかレナもこのまま治まって欲しいなあと
心から祈っている状態です。


( 2010.05.20 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:2 )
膀胱炎と癲癇(てんかん)様症状
一昨日の晩、体調不良の私は早めにベッドに入りました。
しばらくしてレナ特有の用を足した後に猫トイレの蓋をカシカシひっかく
音がして「トイレ入ってたのね。」なんて思いながら眠りに
落ちようとしたのですが、そのカシカシ音がいつまでたっても
終わらないのです。

「まさか」

ベッドから出て猫トイレのある部屋に行くと案の定砂がたくさん
散らばっておりレナはトイレ以外の場所で踏ん張っていました。
うろうろと家を歩き回って、袋の中や物陰でわずかな尿をします。
そう、膀胱炎によく見られる症状です。

レナは石持ちなので何年かに一度再発してしまいます。
それにしてもいつもよりひどい様子で血尿になっていました。
しばらくすると嘔吐もあり、夜間救急で病院へ。

エコー検査と尿検査の結果、やはり膀胱炎で抗生物質とステロイドの
注射を受け、自宅に戻りました。

薬が効き落ち着きを取り戻したレナと一緒に寝ました。
翌朝、おしっこもきちんと出るようになったし、特に様子にも変化は
なかったのでいつものようにそのまま様子を見て行こうと考えていました。

ところがお昼寝を終えた後のレナの様子が・・・。
腰は座ったままなのですがありえないほど目を見開き
前足がぴーんと突っ張った状態に。
しばらくするとものかげに隠れヨロヨロと横になりました。
激しく気が動転しながらも病院へ電話をし、自分で運転するのはやめて
タクシーを呼びました。

何も知らない私は膀胱炎がひどくなったのか・・と思っていたら
診察の結果は「癲癇(てんかん)様発作」ということでした。
それからのレナは前足が突っ張った状態が波のように来たり引いたり
それとともに瞳孔が開いて目だけが爛々としています。
体も傾いてまともに歩けません。

検査の結果、内分泌にも心臓にも問題はないので
たぶん脳腫瘍などがあるか、脳神経の問題だということで。
はっきりさせるには大学病院へ行き、CTやMRIを受けねば
ならないそうですがそれでも「てんかん」は
はっきりとした結果がでないことが多いそうです。

この症状が一過性のものなのか持続して行くものなのかで
対処法は変わって行くのですが
頭が痛い問題がひとつ。
発作を押さえる薬で一番即効性があり有効なのが

座薬

なのであります。



すみません。長くなるので次にします。

( 2010.05.20 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:0 )
猫の体調
g0511

昨日は、ガッチュの体調がイマイチ。理由はわかりませんが

あまり元気がなく寝てばかりいました。

そんなガッチュと夜一緒に寝ました。

いろいろある子なのでガッチュの体調にはいつもドキドキしてしまいます。

猫飼いの皆様のお宅でも、時々「いつもより寝てばかりいる」とか
「食欲がイマイチ」とか「なんとなく元気がない」等々、
そんな様子だったりすることがたまにありますか?

なんだかガッチュのことになると猫初心者に戻ったような
気がする私でした(苦笑)

( 2010.05.11 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:3 )
瞬膜出てました。
syunmaku0416

季節外れの寒さにうんざりしておりますが皆さんはいかがお過ごしですか?
こう気温が上り下がりすると病気の誘発や、自律神経のバランスが
崩れてイライラしやすくなるそうです。気をつけたいものですね。

さてさて今週の火曜日だったのですが、午後三時頃、昼寝から
起きてきたガッチュの顔を見ると、イラストのように左目の瞬膜が
出てしまっていました。
ここ二ヶ月ほどは、何かしらの花粉に反応してガッチュの目の
コンディションは、目薬が手放せないほど
ずっとよい状態ではありませんでした。
そんな中、「よく目を掻いているなあ。」と思っていたら
とうとう瞬膜が!
「多分掻いているうちに引っ掛けてしまったんだろう」と推測されました。

病院へ連れて行き診察してもらうとやはり角膜にスッと一本傷が
ついていました。
病院が嫌いなガッチュですが、この日は
お熱も測り、目に検査紙を入れられて涙を採られたり
目にお薬を入れられて光を当てられて検査をしたりと
じっと頑張りました!

掻かないように本当はエリザベスを付けたいところだったのですが
ストレスになるだろうからと、三日間効果が持続する
「カユミ止め」のお薬を注射されました。

そして飲み薬の抗生剤と抗ヒスタミン剤、目薬の抗生剤と角膜保護剤を
処方してもらって帰宅。

三日ぐらいで瞬膜は引っ込むとのこと。

水曜の朝、いつもなら夜明けとともに起きているのに
病院で疲れたのか六時半までグッスリ。
昼間もずっと寝ていました。瞬膜はかわりなし。
顔も涙でふいてもふいても汚れます。

木曜日。
朝からずっと私の後を追ってペタペタペタオくんでした。
やはり瞬膜は出たままで、涙も多量。
顔が小さいので本当にくしゃくしゃな顔になってしまい
見ていて可哀想なのですよー。

そして今日の朝!
布団の中の私を覗き込んできたガッチュ!
瞬膜は無事引いていました! ほっ。
gacchu0416
元のグリグリお目目に戻りました!

早く、花粉アレルギーの季節も通り過ぎてもらいたいものです。

ガッチュの目が去年より酷い気がするのはやはり天候不順が
続いているせいかもしれませんね。

皆さんも体調にはご留意くださいませ。



( 2010.04.16 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:0 )
レナの調子
rena


2年ほど前から、レナの肝機能(GPT/ALT)とコレステロ-ル(T-CHO)値に異常がみられ、
数ヶ月ごとに血液検査を行い、経過観察をしています。

先週、夫に、病院へ連れていって貰い、半年ぶりに検査。

前回 GPT/ALT (正常値22~84)が61と正常値内だったものが101に上昇。

T-CHO(正常値89~176)は前回256だったものが244と少し下がった。

再びGPT/ALT値が上がってしまったので、前回検査後から
毎日投薬していたウルソサンを一日おきにしていたものを
また元に戻すことになりました。


半年後、また検査ですが、レナはいたって元気です~♪








ランキングに参加しています、
ポチッとお願いいたします

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ










( 2009.06.25 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。