絵日記
ねこず 2010年07月12日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
膀胱炎の再発
rena0712

11日の午前二時頃、猫の吐く音で目が覚めました。

今、ものすごく毛が抜けているので「毛玉を吐いたんだろう。」
くらいにしか考えていませんでしたが、
目が覚めたついでにトイレに入ろうと
電気を付けて立ち上がった私の目に飛び込んで来たのは
家のあちこちに点在している少量の血尿でした(汗)


そうなんです。レナの膀胱炎が再発してしまいました。
もともとストルバイト持ちなので過去も何度か
再発していたのですが、石によっておしっこに
異常が出ていた傾向が強かったので血尿などは出ていませんでした。
ご飯のマグネシウム値に気をつけたら
その後はほとんど再発しなかったのですが・・。

前回も今回も尿検査の結果石は見つからず
膀胱炎のみの炎症が強いのであります。


お嬢さんはそこら中で踏ん張っておりました。
嘔吐は踏ん張り過ぎによって
起こるものだそうですが、時には尿が出なくなり
悪化して起こる時もあるのでなんとも素人はに判断が出来ません。

また夜間救急に飛び込みました。

午前三時頃に病院へ入って、他に二組いたので検査だ待ち時間だ
なんだかんだーで病院を出たのは午前五時。

動物病院で夜を明かしたのは初めてです(苦笑)

前回、「二週間効果が持続する抗生物質」を打たれて発作が
起きてしまったので今回の治療ではそれを避けてもらいました。
今のところ発作らしきものは起きていません。

それと症状を改善するための輸液とステロイドの注射。
一週間分の抗生物質の粉薬を処方されました。

もうすぐ12歳のレナ。
このくらいの年になるとちょっとしたストレスなどでも膀胱炎が
誘発されるそう・・・。

こんな気候だから・・・と思いたいのですが
ストレス・・といえばがッチュかしら・・やっぱり(苦笑)

まあなんとも私の配慮が足りなかったのです。
これから再発予防をちゃんと考えねばー。うーん。

スポンサーサイト

( 2010.07.12 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:8 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。