絵日記
ねこず 猫の病気
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
膀胱炎の再発
今年に入ってから、レナが膀胱炎を繰り返し
今朝もまた再発。

今回は、細菌の数も多いらしく白血球の増加も多いそうだ。

原発事故以来、
水道水をどうしても飲ませる気にならないので
超軟水のミネラルウォーターを飲ませています。

そのせいかとも思いましたが
獣医さんによれば、考えにくいとのこと。
加齢が原因のようです。


とりあえず、今日、ミネラル分が全く入っていない
ペット用のRO水を購入してみました。


今まで、こういったお水類はなかなか品切れで
手に入らなかったんですよ。




現在、12歳。
これからこんな心配が増えて行くのでしょう・・。


スポンサーサイト

( 2011.09.05 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:0 )
ペースケ、その後
ここ数日大きい余震で大変でした(苦笑)

ペースケが体調を崩した日・・。

彼はお気に入りの洗濯機の上に置いてあるカゴに入っていました。

ところがなんだか時折、鳴いているんですね。

いつもよく鳴くコなので私も夫もほっといたのですが
このとき、本当は痛くて鳴いていたんですよね・・。


しばらくしてものすごい音が・・。

下半身が麻痺した状態で洗濯機の上から降りて来たペースケでした。

下半身が立たず、四つ足で立っていることが出来ませんでした。

救急病院では、脚にある馬尾神経にヘルニアのようなものが
あるのではないか・・という診断でステロイドが処方されました。

私は「血栓」の疑いが拭えなかったのでそれについて
訊ねると「足の温度も下がっていなかったし血栓の疑いは低い。」とのこと。

猫 血栓症


それでもやはり・・と思い、ホームドクターのところへ
相談に行きました。

骨には異常がなかったので、やはりヘルニア系のものか、
血栓が一時、足の血管に詰まって麻痺したのではないかという
見解でした。

幸いなことに、ペースケが毎日、高脂血症予防のために
飲んでいるサプリが、もともと血栓溶解剤なので
血栓が詰まっても、一時的で、軽く済んだのでは・・とも。

なので先生の指示でその日からサプリの量を倍にしました。

一応ヘルニアだった場合のことも考えて処方された
ステロイドも飲んでいましたが副作用の下痢が激しく
可哀想なのでやめました。

ステロイドをやめたことでまた下半身が麻痺したように
なれば、ヘルニアだと確定することも出来るし・・。

今のところ足を痛がる様子もなく毎日過ごしています。
なので、血栓の疑いの方が強いのではないかなーと思っているところです。





( 2011.04.13 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:2 )
突然の下半身麻痺
ペースケが昨晩、突然下半身が麻痺し立てなくなりました。

救急で病院に入り、診察。

一晩、入院して先ほど戻りました。

だいぶ普通に歩けるようになりましたが

今後、ヘルニアなどの神経系のものや、血栓の両方を
警戒しながら、ぺーを見て行かなくてはならないようです。

まだまだ元気でいて欲しい・・。

( 2011.04.06 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:4 )
ガッツな青春
0916

こんにちは。今日はけっこうみっちり雨が降る南関東です。

ずっと、アレルギー持ちのガッチュのご飯に頭を悩ませていた私。

缶詰なんか食べるとすぐリバースしちゃったりして。
んなもんで体重は増えないしで、まだまだガッチュが小さくて
体調を崩しやすかった頃、本当に育児ノイローゼになりかけました(笑)

ガッチュにとってアレルゲンのない自然派のカリカリを
「これいいじゃん!」と思って食べさせると
大抵、ウンピがゆるくなったりー。
まったくもって上手く行かず・・。

ホームドクターもずっと相談に乗って下さっていて
何か参考の文献があるとコピーして取っといてくださったり。

夏になる頃から、ガッチュは肉にはアレルギーがないので
「食べさせよう!」ということになり
S.G.Jプロダクトのツナ(タピオカ&カノラオイル)缶にささみだったり
ビーフだったりポークだったりを炒めたりチンしたり湯がいたりしたものを
混ぜて食べさせています。

すると缶詰食べても吐かなくなったんですよね♪
体重もちょっぴり増えてママちゃん感激♪

・・・だったんですが今度はカリカリを食べて
吐くようになってしまいました・・ガーン(苦笑)

最近は、顎下に「ざそう(ニキビ)」がたくさん出来て可哀想です。
先日病院に行って「青春してるなー。」と先生に言われて
中身を絞られてきました(笑)痛そう。

ガッチュは顎をびしゃびしゃにしてお水を飲むので
雑菌が付きやすいのかも・・。


まだまだ気の抜けないママちゃんであります(笑)



あれからレナの膀胱炎は落ち着いています!

( 2010.09.16 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:2 )
膀胱炎の再発
rena0712

11日の午前二時頃、猫の吐く音で目が覚めました。

今、ものすごく毛が抜けているので「毛玉を吐いたんだろう。」
くらいにしか考えていませんでしたが、
目が覚めたついでにトイレに入ろうと
電気を付けて立ち上がった私の目に飛び込んで来たのは
家のあちこちに点在している少量の血尿でした(汗)


そうなんです。レナの膀胱炎が再発してしまいました。
もともとストルバイト持ちなので過去も何度か
再発していたのですが、石によっておしっこに
異常が出ていた傾向が強かったので血尿などは出ていませんでした。
ご飯のマグネシウム値に気をつけたら
その後はほとんど再発しなかったのですが・・。

前回も今回も尿検査の結果石は見つからず
膀胱炎のみの炎症が強いのであります。


お嬢さんはそこら中で踏ん張っておりました。
嘔吐は踏ん張り過ぎによって
起こるものだそうですが、時には尿が出なくなり
悪化して起こる時もあるのでなんとも素人はに判断が出来ません。

また夜間救急に飛び込みました。

午前三時頃に病院へ入って、他に二組いたので検査だ待ち時間だ
なんだかんだーで病院を出たのは午前五時。

動物病院で夜を明かしたのは初めてです(苦笑)

前回、「二週間効果が持続する抗生物質」を打たれて発作が
起きてしまったので今回の治療ではそれを避けてもらいました。
今のところ発作らしきものは起きていません。

それと症状を改善するための輸液とステロイドの注射。
一週間分の抗生物質の粉薬を処方されました。

もうすぐ12歳のレナ。
このくらいの年になるとちょっとしたストレスなどでも膀胱炎が
誘発されるそう・・・。

こんな気候だから・・・と思いたいのですが
ストレス・・といえばがッチュかしら・・やっぱり(苦笑)

まあなんとも私の配慮が足りなかったのです。
これから再発予防をちゃんと考えねばー。うーん。


( 2010.07.12 ) ( 猫の病気 ) ( COMMENT:8 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。