絵日記
ねこず 未分類
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
66年・・
以前、NHKの特集で、「どうして日本が戦争に進んでしまったか。」という
特集をみて愕然としました。

国や軍の上層部・・。
強いリーダーシップを取ることが出来る人間がいなくて
「どうする?どうする?」と優柔不断の会議を続け
結局、自分たちの保身や、面子を守る為に
太平洋戦争へと進んでしまったと知りました。


そして先日、またまたNHKで
実は原爆が落とされるということを日本が把握していたという
事実を知り、またまた愕然・・。

特別に設けられた諜報部が今までとは異なる電波を
キャッチし、軍本部がおかしいことに気づいていたにも
かかわらず、空襲警報を出すでもなく、
迎撃するでもなく広島に原爆が投下されてしまいました。

数日後、また同じ電波が原爆投下5時間前に
キャッチされたのにもかかわらず、
「また原爆を落とすようなことはないだろう。」と
甘い予測の上、九州の部隊のパイロットが迎撃準備していたにも
かかわらず、結局、軍本部からは何の命令も出ず、
長崎に原爆が落とされてしまったそうです。
上層部の人間は、この時、会議中で
ここで戦争を終わらせた場合の自分たちの保身を
考えていたと言います。

当時、パイロットとして準備していた男性が、
66年目にこの事実を知り涙を浮かべ
「これが日本なのか・・。」
と仰っていたのがとても胸に残りました。


諜報部にいた方々も、「なぜわかっていながら
情報を生かさなかったのか・・。」と
悔しがっておりました。




66年経ち、原発事故が起こりました。

国、役所、電力会社の様は、66年前となんの変わりもありません。

放射性物質の大量飛散をほとんどの人間に
知らされることはありませんでした。

政府の関係者家族、東電の幹部の家族等は
西日本や海外に避難したと聞きます。


多くの人間が、ちゃんと知らされていたら
防げたはずの被曝をしてしまったんだと
思います。




進まぬ除染。
食料の安全確保もいい加減なのまま。

リーダーシップが取れない政府。

都合の悪いことは報道しない。


話はすこし変わりますが
昨日、フジテレビへの抗議デモがあったのを
ご存知ですか?

韓国を偏重するフジテレビに対し、デモがありました。

このことをどのテレビ局も取り上げることがないんですねー。


とにかく震災以降、「報道統制」がとても気になります。






自分たちの保身、既得権益を守る為なら
大勢の国民の命をも引き換えに出来る、大企業、政府、役所・・。


そんなところは66年経とうとも
何も変わっていないのです。






スポンサーサイト

( 2011.08.08 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 )
節電の違和感
我が居住地域、何回か計画停電されております。

仕方ないので我慢していますが、我慢ならないのが

計画停電地域でない方々の認識のズレ。

テレビや多くの人が「停電地域じゃないけれど節電する。」とまるで
良いことをしているようにいいますが
東電管轄地域は、皆、節電するのが当然ではないでしょうか。

停電地域の人間は東京様に電気を献上する為に
節電、停電に耐えている訳ではないのだ。


他県では、停電の不公平さに不満がたまり
「たくさん電気を使って、東京も停電にしてやる!」と
言っているそうです(苦笑)

そんなことしたら、停電地域の人々の首締めるだけなので
やめてほしいんですけれど(苦笑)

とにかく停電地域でない方々に、認識を改めてもらいたいです。

( 2011.04.05 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 )
震災から三週間
皆さん、コメントありがとうございます。

震災の日、大きな揺れの中でふと思ったのが

「人間ダメな時はダメなんだ。」でした。

こんな時に不謹慎でごめんなさい。
地震のさなかで、大津波のことを知る前に思ったことなので
どうかお許し下さいね。

でも、本当に「人間は自然に抗えない。」という
怖さをはじめて体験しました。

東北の陰に隠れていますが千葉もかなり液状化現象で
いろいろな地域に被害がでていますし
津波でなくなった方もたくさんいます。

そして福島原発。

水道水には放射性物質が混じり、千葉北部の野菜も
出荷停止になるものが出たようです。

そして実は私は福島生まれなのです。

被害が大きかった浜通り地方ではなく会津なのですが
母が里帰り出産をしたので福島で産声をあげました。

なので本当に今回の事故は辛い・・。
震災からずっと、気分は落ち込みっぱなしです。

余震も恐いです。

かなり回数は減りましたが、もともとの地震が大きいので
数ヶ月以内に大きい余震のある可能性が
高いと言われています。

ニュージーランドの地震でたくさんの日本人の方々が
お亡くなりになりましたが
あの地震も本震はひと月前だったそうですね。

あっ、今もゆれています。



猫は、皆、無事でした。

けれどガッチュが震災当日はショックで
ご飯を食べてくれなかったのと
テレビの緊急地震速報の音に敏感に反応して
逃げるようになりました(苦笑)


なんとか通常の生活はしていますが
さきほど、内膜症治療のため
私の飲んでいる薬を作っている工場も被災し、
まだ薬を作ることが出来る状態ではないと知りました。

幸い、あとふた月分手元にあるのですが
今後どうなるのか・・・・。

まだまだいろいろな不安がぬぐい去れないのが現状です。




( 2011.04.02 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 )
震度6弱でした・・
初めて味わった恐怖です。

余震もものすごく多い・・。

神経が高ぶっていると、テレビから聞こえる
女性アナウンサーの上ずった高い声が尚更
不安をかきたてるようで耳触りなので
(一生懸命報道されているのにごめんなさい)
落ち着いた声の男性アナウンサーの局に
変えながらテレビを見ています・

リビングにキャリーバッグを三つ並べて
緊張気味に過ごしています。

皆さんは、大丈夫ですか??

( 2011.03.11 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:5 )
私の病気について
d


写真の薬は、現在私が服用している子宮内膜症の治療薬、黄体ホルモン剤の一種です。
一日2錠、2カ月分あるのですが、なななんとこれだけで

約17000円

してしまいます。夫よ感謝(涙 涙)

yakuzaishi
薬剤師さんも会計の時、びっくりしておりました(笑)

処方が始まってから、まだ約1年しか経ってない新薬で、
約500人ちょっとの治験デ-タを頼りに医師も患者も手探り状態なのであります。

子宮内膜症と言っても、人それぞれ状態が違います。

総称して
異所子宮内膜症他臓器子宮内膜症と言われている、
何かがきっかけで婦人化系臓器以外に「子宮内膜」と同じような
組織が出来てしまう状態があるのですが
私は直腸に病変が出来る
腸管子宮内膜症というものになってしまいました。

月に一度の、生理と同時に直腸でも同じ事が起こってしまい
治療をしないでいると出血を繰り返す度に、患部は悪化し
癒着が始まり、腸閉塞を起こします。

肺にも病変が飛ぶことがあるのですが、そういった場合は喀血したり
気胸を繰り返してしまうそうです。

以前、同じ病気の方のブログを見ていたら、腸と肺の両方に病変が
ある女性がいました。良性のガンのようなものと言われていますが
症状の強さや、様々な薬の副作用等々、本当に難しい病気だとつくづく思います。

私の場合、直腸なので、患部を切り取ると、人工肛門になってしまうので
手術が出来ません。

そんなわけで、副作用の抜け毛や倦怠感と闘いつつ、薬に頼らざる負えない
状態です。
でも私、髪の毛多いので、ちょうど良い位の量になった感じ~~です(笑)。
倦怠感ともなんとかつき合いつつ、日常生活を送っています。
なるべく楽しいもの見て、美味しい物食べて-(^ ^)/

今のところ、薬は効いているようでなによりなのですが。

女性ホルモン、エストロゲンが働いている限り完治することがない病気。
「じゃあエストロゲンを抑えればいいじゃん」って治療になりますが
エストロゲンは、骨がスカスカにならないようにしたりお肌や髪を
ツヤツヤにしたりと大切な女性ホルモン。

日本は、欧米に比べてホルモン剤の種類も少ないし・・・。

なんとか、良い治療法が確立されないかと心から思ってやみません。




( 2009.05.26 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:4 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。